ひねもすのたりの星ブログ

晴れていれば里山を徘徊し、夜はレンズを星に向け、雨の日はもっぱらギターと遊ぶ気ままな野老の日記。

PixInsightの色補正にSPCCが加わったので、さっそく実践してみた。※天文博士幕下さんの記事を参照天文衛星Gaiaのスペクトルデータと撮影した画像データを照らし合わせ、色を補正するものということらしいが、基準となるホワイトは銀河の平均の色と言うことで、この辺りの考 ...

本番前のテスト撮影と言うことで、子午線を超えてはいるがまだ高度十分の網状星雲を撮影した。わずか40分の露出にもかかわらず、色鮮やかに写っていて驚いた。視等級7等だが小望遠鏡では全く見えず、この夏T氏の50センチドブソニアンで初めて見ることができた。※但し、東側 ...

何度も撮っているPleiadesだが、どうも今一つしっくりこない。”あれもこれも”と欲張り過ぎていたようなので、今回は淡い部分は切り捨て、青いベールの処理に力をいれた。回折による光状はいささかがうるさいが、ベールの細部は少し出たような・・・【メモ】E160ED+1.5×エ ...

前回は早く画像を見たく、かなりはしょった画像処理だった。出来上がった絵を見て、まあこんなものだろうと思っていた。週末から文化祭のお手伝いやトラブル等もあり、いささか疲れ気味。火曜になりやっと疲れも取れたので、もう一度画像処理を行ってみると、まるで違う絵と ...

11月と言えば既に冬物と思うが、この時期夜半前に撮れそうなのは、子午線を越えたばかりのペガサス座辺りしかない。焦点距離800ミリで小さな銀河は如何とは思うが、思いきり露出をかければ少しはそれらしく写るのではとアタック。透明度は中くらいだったが、快晴で風がなく絶 ...

↑このページのトップヘ